shiryoseikyu_over.jpg 資料請求はこちらからどうぞ!

2019年10月01日

社会政策を受講しましょう

こんにちは。東京アカデミー広島校の公務員担当、入江です


「社会保障改革 総力で」


2019912日付日本経済新聞の一面記事です。

911日に第4次安倍再改造内閣が皇居での認証式を経て発足されました。

安倍首相は記者会見で「関係閣僚の総力をあげて全世代が安心できる社会保障制度を大胆に構想する」

と述べ、社会保障改革に関して総力をあげて構想することを決意されました。


公務員試験の「社会政策」の科目は大きく「労働政策」と「社会保障」の2分野に分かれます。

「労働政策」では最低賃金、失業率、男女共同参画、在留外国人、非正規雇用、障がい者雇用などについて学び、

「社会保障」では公的年金、介護保険、医療保険、雇用保険、生活保護制度、児童手当、子育て問題などについて学びます。


社会政策は一般的に「専門科目」に位置づけられますので、

教養科目のみ課される試験では学習対象外の科目であると思われがちです。

しかし社会政策は、「時事」として筆記試験に出題される場合や、面接や論作文で出題される場合も多々あります。


社会政策の学習は時事対策としても、面接、論作文対策としても有効です。

専門科目の学習をしない方も、是非社会政策の学習をオススメします。



ラベル:国家公務員、地方公務員、横浜市、A日程、B日程、C日程、専門科目、専門試験、教養科目、教養試験、東京アカデミー、東京アカデミー○○校、専門、教養、社会学、社会政策、時事、労働、社会保障、安倍、第4次 内閣、



posted by 東京アカデミー広島校 at 09:00| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。